header1 header2

近況・開発動向,PMS講習会について

このページでは・・・

 PMS(作業計画・管理支援システム【.NET版】)に関係する近況や開発動向を紹介しています。

 ベータ版の開発状況など,より詳細・具体的な情報についてはPMS-ML Wikiで紹介しています。

PMS研究開発近況

最新の開発状況については開発メイリングリスト(pms_net)・Wikiを参照(通称:ベータサイト)

 開発状況の最新情報については,PMS開発研究メイリングリスト(ML)および併設のWiki,共有フォルダにおいて,随時β版やアップデータとして公開しております。

 最新の情報やバグフィックス・最新機能等の詳細情報(アップデータ,β版を含む)が必要な方は,MLメンバ・NSSアカウントを取得の上,PMS-ML Wikiページから最新情報を取得してください。

 

現在公開中のβビルド(2018年1月29日)

 最新のβ版はビルド13308 です。共有フォルダの "B13308" フォルダ に登録されています。

 β版を適用する際は現在のビルドから最新のβビルドまでに複数のβビルドが存在する場合は,ファイルごとに最新のβビルドを適用します。

 現在のビルドから最新のビルドまでの間に,公式パッケージがある場合は,お手元のインストールを最新のパッケージに更新(アップデートインストール)してから,それ以降のベータビルドを順次適用してください。

 現在公開中のβビルドはありません。1月29日公開のパッケージ(2.7.13320)が最新です。

 

現在公開中のパッケージ(2018年1月29日〜)

 現在公開中のパッケージはシステムビルド:13310パッケージビルド:13320です。

 

次のパッケージ公開予定

 現在のパッケージ(ビルド13320)公開以降,共有フォルダにて公開されたアップデータ(バグ修正)およびβ開発内容をパッケージ化して公開する予定です。

 次のパッケージの公開予定は 未定 です。


農研機構の組織変更・中期期間更新に伴う位置づけ変更:2016年4月

 2016年4月,農研機構は新しい中期計画期間(第4期)に移行すると同時に組織体制も刷新されました。この変更に伴い研究開発担当者も組織内異動があり,内部研究センター異動となっております。研究開発の基礎となる課題位置づけや開発経費なども位置づけは変更されましたが,実質的な対応内容はこれまで同様で進捗する見込みです。

 

PMS開発研究課題(位置づけ課題)の変更:2015年4月

 2010年4月以降PMS開発を位置づけていた「革新的低コストプロ(旧アシストプロ)」は,途中東日本大震災の影響を受け,開発規模を大幅に縮小することにはなりましたが,無事5年間の研究目標を達成し,PMS開発位置づけ担当課題は2015年3月をもって終了しました。現在,この間の成果を踏まえた複数の後続課題において開発成果の継承とさらなる発展・普及を進めているところです。

 

研究開発・普及促進担当者の異動(転出):2011年4月

 2011年4月1日をもって,PMS開発担当者が近農研(福山)から中央研(つくば)へ異動となりましたが,PMS開発は継続して中央研で実施されます。また,本サイトもこれまで同様に運用されます。ただし,近農研での講習等の対応については近農研企画管理部広報課にお問い合わせください。少なくとも,これまでの研究開発担当者による直接対応はありませんので,ご了承ください。

 なお,本サイト上での情報交換・技術サポート(問い合わせ対応)等はこれまでと同様に対応する予定です。

 

PMS開発研究課題(位置づけ課題)の変更:2010年4月

 これまで(2007〜2009年度)PMS開発を位置づけていた「担い手」研究担当課題は2010年3月をもって終了しました。この間のWeb公開実証において貴重なご意見やご要望を賜りPMS開発に反映することができました。この場を借りてお礼申し上げます。

 2010年4月以降は基礎的な研究開発経費の中で地道に細々と開発を継続していく予定でしたが,並行して別予算獲得を模索していたところ,新たな別予算(最長5年間の研究課題)を実施できる運びとなりました。この新たな研究課題の中で引き続き,PMS開発・サポートを継続していきます。


2017年度開発分 New

 2017年度は有償開発分はありませんでした。このためサポート期限が設定される追加機能・周辺ツール類はありません。

 

2016年度開発分のサポート予定

 2016年度開発分についてのアフターケアは2019年3月末まで予定されています。

 

2015年度開発分のサポート予定

 2015年度開発分についてのアフターケアは2018年3月末まで予定されています。

 

2014年度開発分のサポート予定

 2014年度開発分についてのアフターケアは2017年3月末まで予定されています。

 

2013年度開発分のサポート予定

 2013年度開発分についてのアフターケアは2016年3月末まで予定されています。

 

2012年度開発分のサポート予定

 2012年度開発分(Android版FaWLを含む)についてのアフターケアは2015年3月31日まで予定されています。

 

2011年度開発分のサポート予定

 2011年度開発分(携帯端末用作業記録ソフトFaWLを含む)についてのアフターケアは2014年3月31日まで予定されています。


九州大学への研究協力による帳票作成ツール「PMS-OUT」の公開実証

 九州大学への研究開発協力(技術・情報提供)の結果,同大学を中心に開発されたPMSで蓄積されたデータを実績・財務諸表にまとめるためのソフトウェア(名称「PMS-OUT」)を,同大学のご厚意によりPMSパッケージに同梱してビルド4102以降(2010年5月4日より)配布しています

 試用されてお気づきの点などがありましたらお手数ですが左サイドのリンク「サポート掲示板」または「お問い合わせ」にて当方までご連絡ください。頂いた内容に応じて当方より開発元である九州大学の研究グループに連絡させていただきます。

 なお,PMS-OUTはExcel 2007のVBAマクロブックとして開発されており,動作・使用にはExcel 2007以降が必要です。Excel 2003以前(2003を含みます)では動作しませんので,ご注意ください。

※ PMS-OUTは現在2011年度の開発・改良を終え,PMSパッケージ(ビルド5625,9月1日公開)に収録されています。

PMS講習会について

近農研外部依頼(出前)講習会

  PMSの講習会・説明会等のご要望をいただいておりますが,開発担当者の近農研外への転出に伴い,2011年4月以降の開発担当研究者の派遣対応は行っていません。


近農研主催講習会

 2011年4月以降の講習会については予定されていません。

 

中央農研主催及び外部依頼(出前)講習会

 2016年4月以降の講習会については予定ありません。
 2016年4月の農研機構組織体制変更に伴い,開発担当者は農業技術革新工学研究センター(革新研)へ異動したため,中央農研での対応はありません。2016年4月以降は革新研での対応となります。

 

革新研外部依頼(出前)講習会

 2016年4月以降,開発担当者による出前説明会・講習会等を希望される場合は,依頼出張での対応が可能です(日程が合えば)。この場合,担当者の派遣旅費についてご負担をお願いしております。また,会場の設営・準備等についても依頼元でお願いします。

 開発担当者の派遣要請については,あらかじめ開発担当者と日程等の調整・確認を取った上で,派遣要請にかかる事務手続きについては農業技術革新工学研究センター(TEL 048-654-7294(直))の企画部企画室までお問い合わせください。PMSの導入や技術的内容に関するお問い合わせや派遣日程調整・確認(アポ取り)は企画室ではなく,このサイトのお問い合わせ,または直接担当者宛にてお願いします。

 


開発者主催講習会(革新研)

 第9回の予定はまだ決まっていません。決まり次第,この場で公開いたします。

【お詫び】2014〜2016年度は,多事他事に追われ(タジタジ)開催には至りませんでした。2017年4月以降も担当者のPMS開発・メンテナンス等にかかる業務環境・条件が改善される見通しはまったく立っていません。ご容赦ください。

 

<第8回開催概要> 終了しました!

  • 日時:2014年3月17日(月)〜18日(火)
  • 場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所情報通信共同利用館(電農館)3Fセミナー室
  • 内容:
    • 初日午前(10時〜12時):インストール,バックアップ【任意】
    • 初日午後(13時〜17時):地図作成,初期データ登録
    • 2日目午前(9時30分〜12時):台帳管理の基本〜土地〜作付け〜作業管理
    • 2日目午後(13時〜16時):質疑・その他フォローアップ【任意】

  ※ 開催案内・詳細についてはお手数ですが開催要領PDFをご確認ください。

 

<参加申し込み>

 参加申し込みは締め切りました(3/10)。

 参加申し込み様式Excelに必要事項を記入の上,3月10日(月)までに電子メールにて申し込みください。

 申し込み・お問い合わせのメールアドレスは開催要領および申し込み様式中に記載しています。

 

<宿泊について>

 参加申し込み同様に研修宿泊棟への申し込みは締め切っています。必要に応じてご自身で民間ホテル等を手配ください。

 遠方からお越しの場合,宿泊が必要となります。つくば市中心部(つくば駅周辺)でのビジネスホテル等の利用をお勧めしますが,会場の敷地内にある「研修宿泊棟PDF」を利用いただくことも可能です。すでにご利用経験のある方はご存知と思いますが,あくまでも研修宿泊を目的とした施設であり,通常のビジネスホテルとは異なりますので,ご注意ください。

 研修宿泊棟をご利用される場合は,上記「参加申し込み様式」内の「研修宿泊棟利用」シートにも必要事項を記入して申し込んでください。

 

 今後の開催日程・講習内容などについてご希望があれば,サポート掲示板または問い合わせにてお寄せください。通常,水稲作の農繁期は避けるようにして開催しておりますが,ご要望があればこの限りではありません。


 

2017年度の講習会・研修会・照会講演等の予定・実績について

 

  1. 7月栃木県安足農業振興事務所(栃木県)
  2. 未定 第9回PMS講習会(革新研つくば)

 

2016年度の講習会・研修会・紹介講演等の予定・実績について

 

  1. 4月14〜15日,福井県小浜市(隣接の若狭町の農家様を含む)PMS研修会(入門〜基礎編)
  2. 2月栃木県芳賀農業振興事務所(栃木県)
  3. 2月農業システム化研究会(東京)
  4. 3月滋賀県農業振興支援センター(滋賀県)

 

2015年度の講習会・研修会・紹介講演等の予定・実績について

 

  1. 6月1日,東京大学生態調和農学機構さま(東大)
  2. 1月21日,岩手県P法人さま(岩手県)
  3. 2月16〜17 農業システム化研究会(東京)

 

2014年度の講習会・研修会・紹介講演等の予定・実績について

2014年度(2014年4月〜2015年3月)の講習会はまだ計画中ですが,遅くとも8月下旬には入門編を実施する予定です。この他,ご依頼に基づく出前講習や個別説明,紹介講演への対応もこれまでどおり可能な範囲で対応させていただく予定です。

以下は,予定・実績のリストです(随時更新されます)。

 

  1. 4月23日,JA福井さま個別対応(中央研)
  2. 1月23日,茨城県坂東地域農業改良普及センターさま,Sファームさま,Sさま(中央研)
  3. 1月30日,静岡県中遠農林事務所さま(中遠農林事務所)
  4. 3月23日,茨城県作物研究会さま(茨城農総セ)
  5. 3月24日,福井県Aファーム様・Hサービス様(中央研)

 

2013年度の講習会・研修会・紹介講演等の実績

2013年度の講習会・講演等の実績は以下のとおりでした。

 

  1. 5月24日,群馬県普及指導員研修講演(PMS紹介)(群馬県)
  2. 5月27〜28日,企業個別講習(基礎編)(中央研)
  3. 7月22〜23日,第7回PMS講習会(入門〜基礎編)(電農館)
  4. 7月25日,栃木県K公社さま視察対応(食と農の科学館)
  5. 9月30日,群馬県M市集落営農塾さま研修会(群馬県)
  6. 1月24日,鹿児島県大隅地区畑かん推進センター普及指導員研修講演(PMS紹介;ほか)(鹿児島県)
  7. 2月22日,稲作経営者会議青年部研修会講演(圃場管理紹介;ほか)(東京都品川)
  8. 3月5日,JA新潟さま視察研修(PMS紹介;ほか)(中央研)
  9. 3月17〜18日,第8回PMS講習会(入門〜基礎編)(電農館)
  10. 3月24〜25日,岡山県PMSユーザグループさま研修会(岡山県)

 

2014年3月岡山県PMSユーザグループ様研修会

 岡山県を中心としたPMSユーザの相互研鑽を目的とするグループメンバの声かけを受けて,県の支援(普及指導部局)も受けながら,岡山市内で去る24〜25日の2日間に亘って開催されました。初日午前中はユーザ同士でPMSインストールを進め,午後から入門〜基礎編〜一部応用編まで進行することができました。

 また,この講習の際に,参加された皆様からいくつかのシステム改善につながるヒントや要望もいただきました。これらは順次対応していこうと考えています。

 ご参加いただいた皆様,開催を支援いただいた県関係部局の方々にお礼申し上げるとともに,それぞれの経営においてお役に立てることを期待しております。

Snap in Okayama

 

2014年3月第8回講習会

 第8回PMS講習会(入門〜基礎編)は4組5名の参加を得て,去る3月17日〜18日の2日間(2日目はお昼まで)に亘って開催されました。

 ご参加いただいた皆様,お疲れ様でした。それぞれの経営においてお役に立てることを祈念しております。

 

2013年9月群馬県M市集落営農塾研修会

 群馬県からの要請を受けて,同県M市の集落営農塾研修会で,圃場生産管理の概要・利用可能なツールの状況と選択の要点・拙作PMSの概要と導入手順概略などについて紹介しました。地図画像データの入手方法について,国土地理院サイトからの地図画像データ検索・購入例を紹介しておけばよかったと反省。次回以降に活かします。

20130930群馬集落営農塾(舞台より)

 

2013年7月第7回講習会

 第7回PMS講習会(入門〜基礎編)は全国各地から約20名の方の参加を得て,7月22〜23日の2日間に亘って開催されました。以下はそのときのスナップです。場所は電農館セミナー室なので,第5回のときの雰囲気は変わらないですね・・・(^^;) 撮影したカメラの性能はよくなったかも・・・(自前のスマフォですが・・・)

 

2012年度の講習会・研修会・紹介講演等の実績

2012年度は講演を中心に,講習会も再開しました。

  1. 5月16日,農業情報学会シンポジウム(東京大学弥生講堂)講演
  2. 8月8日,JA TACアグリビジネススクール(JAビル)講演
  3. 9月25日,日本農業機械化協会第3回情報研究会(全印健保会館)講演
  4. 9月26日,井関農機様向け講習会(電農館セミナー室)
  5. 10月3日,農業情報学会秋期シンポジウム(とかちプラザ)講演
  6. 11月21日,関東東海北陸農業試験研究推進会議作業技術部会(中央農研)講演
  7. 12月3〜4日,第5回PMS講習会(入門〜基礎編)(電農館)
  8. 12月11日,中央農研主催「興農会」(中央農研)講演
  9. 3月11〜12日,第6回PMS講習会(応用編)(電農館)

 

2013年3月第6回講習会

第6回PMS講習会は応用編で,2013年3月11〜12日の2日間にわたって,蓄積データの利活用(SQLクエリとレポートデザイン出力まで)およびAndroid端末用FaWLとの連携による現場作業記録作成について講習・実習しました。

2012年12月第5回講習会

2012年12月に開催された第5回PMS講習会は入門編〜基礎編を2日間に亘って実施しました。

会場は農林研究団地内にある情報通信共同利用館(通称「電農館」)でした。会の直前(一週間前)に講習用PCが入れ替えになり,(旧)Windows XP から(新)Windows 7 Professional x64マシンでの講習となりましたが,大きなトラブルもなく順調(予定以上)にカリキュラムを消化できました。

ただ,PCに内蔵されていたDVDドライブは薄型(ノートPC用)のもので,アクセス速度がやたら遅く,実用できるものではありませんでした。PMSセットアップ用に配布したDVD-Rメディアとの相性が悪かったのかもしれませんが,それにしてもひどいDVDドライブでした。この点だけはなんとかならないでしょうかね・・・。いまどきこんなDVDドライブをつけているメーカ様の気も知れません(TT) 次回以降のインストールメディア,どうしよう・・・・orz

5thLesson

 

2011年度の講習会・研修会・技術指導実績

2011年度は担当者の関東地区への異動に伴い開発者主催の講習会を企画できておりません。2012年度は新しい環境にも一通り慣れてきたため企画したいと考えております。

一方,生産者(PMS利用者・利用希望者)様からのご要望に基づく講習等については以下のとおりです。

  1. 生産者等の依頼による出前講習は三重県の生産法人様で1件対応させていただきました(2011年6月)。
  2. 生産者様が中央農研までお越しいただいて直接講習させていただく機会が群馬県の法人様で1件(2012年1月),システム紹介させていただく機会が滋賀県の法人様で1件(2011年11月)ありました。
  3. この他,茨城県内・岡山県内の生産農家様の元に出向かせていただき,直接調査・ご指導等させていただく機会が6法人様で複数回ありました。

普及組織等が主催する研修会では岡山県倉敷農業普及指導センター様主催の研修会でPMSの基礎編を講習させていただきました(2012年2月)。以下はそのときのスナップです。

2012/2/28スナップ1
[研修前の主催者挨拶]

20120228スナップ2
[研修中のスナップ] 

 

(C) 2010-12 DSS(LAIS) WeNARC, (C) 2011-16 AGinfo NARC NARO, (C) 2016-18 AGinfo IAM/NARO.

2018.04