PMS ビルド 13310 リリースノート (パッケージ 13320)

システムバージョン・ビルド:1.58.13310 (パッケージバージョン・ビルド:2.7.13320)/2018年1月21日

前回パッケージ(ビルド12220,システムビルド12210)からの変更点

1.機能追加・拡張

2.機能変更・不具合修正

3.パッケージ構成変更

4.その他

 

旧ビルド11003(パッケージ11003)から12210までの変更点

1.機能追加・拡張

2.機能変更・不具合修正など

3.その他

 

旧ビルド9801(パッケージ9801)から11003までの変更点

1.機能追加・拡張

2.機能変更・不具合修正,など

3.その他(更新適用にあたって)

 

旧ビルド9316(パッケージ9326)から9801までの変更点

1.機能追加・拡張

2.機能変更・不具合修正,など

3.その他(更新適用にあたって)

 

旧ビルド8536(パッケージ8605)から9316(パッケージ9326)までの変更点

1.主な変更点

その他の細かい修正点は,3,4項を参照してください。

2.パッケージ構成変更

 *1 既存の x64 パッケージでインストールされたシステムを今回の x64 パッケージでアップデートする場合に "WindowsInstaller 1316" エラーが発生して正常にアップデートできない場合があります。その場合は,お手数ですが既存のインストールを一旦アンインストールしてから,新たにインストールし直してください。

 

3.機能拡張

4.機能改善・不具合修正

5.その他

旧ビルド8020から8536までの変更点

1.パッケージ構成変更

2.機能拡張

3.機能改善・不具合修正

旧ビルド7603から8020までの変更点

1.パッケージ構成変更

  1. FaWL削除
  2. SQL Server 2008 R2 Express with Tools SP2 同梱

2.環境計測データ管理ツール群追加

3.機能拡張

4.機能改善・不具合修正

旧ビルド7522から7603までの変更点

今回も緊急的パッケージで,前回パッケージで発生した不具合修正が主体です。

1.在庫管理(AgZaiko.exe)

2.クエリビルダ(DbQuery.exe)

※ 32ビット動作用SQLサーバ同梱パッケージ変更(PMSSetup_wSQL.exe)

Windows 8 / Server 2012 では SQL Server 2005 の動作がサポートされなくなったこと,またマイクロソフト社による SQL Server 2005 自体のサポートメインストリームが終了していることから,32ビット動作用SQLサーバ同梱パッケージには SQL Server 2008 R2 Express SP2 (x86) を同梱するようにパッケージ構成を変更しました。このため,このパッケージサイズは以前より大きくなっています。

! これまでのパッケージと同様に SQL Server Management Express は含まれていないので,別途入手・インストールする必要があります。

! すでに SQL Server 2005 を導入・使用中の場合,敢えて 2008 以降にアップグレードする必要はありませんが,SQL サーバ自体のセキュリティ問題などが発生した場合,マイクロソフト社からのサポート・修正プログラムの提供はありませんので,可能な限り SQL Server 2008 以降にアップグレードすることをお勧めします。現在ではマイクロソフト社のサイトより SQL Server 2012 Express SP1 を導入することができるようになっています。

旧ビルド7427~7507から7522までの変更点

1.初期設定(Config.exe)

 【不具合修正】

2.計画管理(Manager.exe)

 【機能追加】

 【不具合修正】

3.圃場図作成(ShapeMaker.exe)

 【機能追加】

 【不具合修正】

4.レポートデザイナ(RptDesigner.exe)

 【不具合修正】

旧ビルド7113から7427~7507までの変更点

 今回のビルドでは,Android版FaWLの最新版 3.1 が同梱されています(インストールフォルダ内のFaWLフォルダ以下)

 また,新たに給与管理機能と資産管理(減価償却)機能が追加されています
 これらの機能を使用するためには,エクセルがインストールされている必要があります(エクセルファイルで作成された税率や保険料などのテーブル情報をインポートする際にエクセルのコンポーネントを使用するため)

1.給与管理機能(AgKyuyo.exe)

  1. 既定ドキュメントフォルダ内の"PMS\給与管理"フォルダ内にある4つのエクセルファイルを適宜編集します
    (この際,エクセルのセル位置は絶対に変更してはいけません)
  2. 給与管理(AgKyuyo)を起動し,対象となる管理ファイルを選択後,1.で編集した会社情報や所得税情報,各種保険掛け金情報などをエクセルファイルよりインポートします
  3. 初期設定の作業者マスタを開き,作業者(従業員)ごとにツールバー内の「給与マスタ」を呼び出し,作業者ごとの給与基本情報を登録編集します
  4. 給与管理に戻り,日々・月々などの給与管理を行います

2.資産管理機能(AgSisan.exe)

  1. はじめに給与管理の初期設定作業(前出の給与管理概略手順1,2)を実行して関連データを準備しておきます
  2. 機材マスタに資産管理対象の機材(機械・施設等)を登録しておきます
  3. 資産管理(AgSisan)を起動し,対象となる管理ファイルを開きます
  4. 対象となる資産情報の登録,償却データなどの入力,年度更新・再計算(償却処理)を実施します

 以下はビルド7427における従来機能の主な変更点です

3.データ表示項目追加・機能強化

4.データ入出力機能強化

5.圃場地図画面操作

6.その他(不具合修正など)

旧ビルド6427から7113までの変更点

 以下はビルド6427から7113における主要な変更点です

1. データ表示項目追加・機能強化

2.データ入出力機能強化

3.圃場地図関係

4.その他

改版履歴(ビルド6518以降)


2012-2018 (C) AGinfo NARO
http://www.aginfo.jp/PMS/